プロフィール

 

はじめまして!
冬美と申します!
 
↓息子エビカツに“ママに似てる~”と言われた似顔絵☆
冬美のイメージ画像
 
以前は“トンカツ”と名乗っていたのですが、
人間らしくなろうとこの名前にHNを変更しました☆
 
“冬美”と決めた理由は、
冬生まれで、なおかつスキーが好きだから!
という単純な理由です(^^ゞ
 
とはいえ2児のママである現在は
好き勝手にスキーへ行けるわけでもなく、
あくまでもファミリースキーの付け足しで
滑っているという感じですが・・・。
 
生まれと育ちは東京都。
 
父、母、姉、冬美の4人家族で育ちました。
 
生まれて3日後に嚥下性(えんげせい)肺炎にかかり、
医者からは8割がたダメだと思ってほしいとの宣告。
 
でも4200グラムという巨体?に生まれたために
パワーがあったのか、何とか命をとりとめます。
 
その後は“元気に育ってくれさえすればいい!”という
母の元でテキトーと育ち、小学校では2年生ですでに
落ちこぼれになっていました(-_-;)
 
おまけに6歳上の姉は声楽をやっていたこともあって
常にいろいろな人から注目される存在。
 
“オマエのねーちゃんはスゴイのに、オマエって
バカだし、デブだし、ブスだしどうしようもねーな!”
などとボロクソ言われていました。
 
まぁでも大人しくだまっているタイプではなかったので、
余計にミソクソ言われてしまっていたようですが・・・。
 
そんなわけでかなり精神的には屈折していたと思います。
というか今でも十分屈折しているか!!!
 
“どーせ何をやっても自分はできない”とすっかり
思い込んで、勉強も運動も挑戦する意欲すらない状態。
 
学校では勉強についていけないので、授業中はひたすら
ボーッとして頭の中でお話をつくっているような生活。
 
いったい母はこんな状態になるまでナゼ放っておいたのかが
不思議でなりません^_^;
 
それでも修了するのが義務教育。
こんな冬美も中学生になりました。
 
相変わらず勉強はできなかったのですが、
あるとき平均点が50点満点中20点の歴史のテストで30点をとりました。
(といっても100点満点にしたら60点なんですけどね)
 
あれ?やればもしかしたら平均点くらいはとれるのかも?と
そのときチョット思います。
 
友達に誘われて行くようになった補習塾が好きになったこともあり、
成績は前よりはマシになったものの、通知表はほとんどが3と2で、
なおかつ2が先行という有様。
 
ただ姉から“学校の勉強と大学受験の勉強はベツモノよ~”と
吹き込まれていたので、そんな成績でもいつか大学に自分も
いく気だけはありました。どこまでもバカ?
 
姉の影響は中学校時代もあって、まだ姉のことを知っている先生も
けっこういたこともあり、姉がらみでよく声をかけられました。
 
やはり自分の身内をほめられて悪い気はしないのですが、
姉と比べてあまりにも違う自分がいて複雑な気持ち
だったことを覚えています。
 
姉の歌った校歌が音楽の時間にかけられたり、裁縫の得意だった
姉の妹ということで家庭科の先生には目をかけられていました。
 
でも裁縫なんてからきしダメで、学校ではしつけや型紙きりをして、
ぜ~んぶ家で姉が縫ってくれていたんですけどね^_^;
 
裁縫はボタン付けすらいまだに苦痛で、
音楽は譜面がまったく読めません(笑)
 
姉の得意なことは、裁縫にしても音楽にしても
ホントにダメな冬美。
 
コンプレックスの影響か、ココロの底から
姉の得意なものを拒否しちゃってるかんじです^_^;
 
そんなある日、父が中学生2年生の時に
急性心筋梗塞で他界。
 
身長170cmほどで体重100キロ、高血圧でロングピースを
1日に2箱のヘビースモーカー。大食漢でゴハンは茶碗3杯、
甘党で砂糖3杯入りのコーヒーを1日に10杯以上。
 
亡くなった当時、父のダイエットのためにと冬美が
昼食用のお弁当を作ってあげていたんですが、
この弁当のほかにさらに外食していたそうです・・・。
 
かえって弁当を持たせたことで、さらに食べ過ぎに
なってしまっていたってことですよね~。
 
まぁこんな生活をしていた父だったので、
早死にしても当たり前ともいえます。
 
“オレは食いたいもんをガマンしてまで長生きしたくない”
と言っていたのですが、その通りになってしまいました^_^;
 
父が亡くなり一気に経済的苦境にたたされそうなところですが、
父が競馬狂だったため、むしろその後は働き者の
母のおかげで生活は安定しました^_^;
 
父がいたら、姉は音楽を続けられなかっただろうし、
冬美が大学へ行くこともなかったかもしれません。
 
その後の冬美はというと、高校受験は身の程知らずの
希望校を受けて失敗。
なんとか二次募集で滑り込みセーフ!
 
ただ高校での担任が気に入った子はひいき、
気に入らない子は徹底的に叩くタイプの教師。
 
毎日死にたいくらい高校が行くのがイヤでした(-_-;)
 
でもこんなヤツのせいで大学に行けないのはシャクだと
思って、ひたすらガマンの3年間を過ごしました。
(よりによって3年間、このヒトが担任だった!)
 
現役では受験した大学を全て落ち、
その後は予備校でいくつか単科コースをとりながら一浪。
(予備校の総合コースへ通う経済的余裕はなかった^_^;)
 
一浪をしたものの、なんとか4年制大学に合格。
 
ここでその大学は早稲田です!とか上智です!とか
ならカッコいいんですが、そこまでの頭はない冬美(笑)
 
マラソンや野球で有名な東洋大学という大学の
社会学部に合格しました。
 
ここで現オットと知り合い、大学1年生の冬から
付き合いはじめます。
 
いま思うとなんでイチバン良い青春時代をささげて
しまったんだー!!!と思います・・・。
 
でも好きというよりは、心配でかわいそうで
放っておけなかったのだからしょうがないですよね~(-_-;)
 
ただスキー好きにさせてくれたのは彼氏時代のオット。
これには感謝しています☆
 
さて大学時代はというと、遊びまくったわけでもなく、
かといって真面目に勉強していたわけでもなく、
非常に中途ハンパに過ごしました~。
 
なにしろ現オットのことが心配で放っておけなくて、
大学時代には“奥さん”なんてアダ名で呼ばれたり(笑)
 
その心配のタネだった現オットの当時の状況といえば、
親と仲が悪くていつもケンカ、そんな状態だから家に帰るのは
寝るだけで、なおかつ親と仲が悪くなるという悪循環。
 
実家に住まわせてもらっていたものの、学費は自分でバイトを
して稼いでいたその当時のオット。
 
バイト疲れもあって朝起きれずに寝坊して必修単位を落とす、
バイト帰りに駅員とモメてケンカして殴る、冬美に予定が
あって一人の時間があるとパチンコで数万円スってくる・・・。
 
うーん。書いていてもよくこんなヤツと付き合っていたなと
思ってしまいます(笑)
 
まぁでもそんなオットも今は改心してギャンブル系は
パチンコも含めて一切やらない良きパパです。
 
ある意味、人間はいつからでも変われるという見本?
 
ちなみにオットとは10年の交際期間を経て、29歳の時に結婚。
現在11年目の結婚生活です。
 
その後、結婚3年目に長男エビカツを授かり、さらに4学年差を
つけて2人目の長女カツサンドを出産。
 
長女カツサンドがお腹の中にいる時に、埼玉県にある
オット実家近くのいまの住まいに引っ越してきました。
 
現在は順風満帆・・・なハズですが、うーんやっぱり気持ち的には
イロイロありますね(-_-;)
 
いまの状況を打破するには、自分自身が発想の転換をしないと
ならないというのはわかっているんですが、言うのは簡単だけど
これがなかなか難しいです(笑)
 
でも何はともあれ子供たちが元気に過ごせているのでいっか~!
と思えることがありがたいこと☆
 
エビカツの幼稚園生活で知り合った、良きママ友=友達に
恵まれていることも、この土地に来てよかったんだ!と
思えるひとつになっています♪
 
ただここのところ自分自身が首が痛くなったり体がむくんだりと
イマイチ不調なので、久々に総合的な健康診断を受けないと~
なんて思っている日々。
 
そんな毎日ですが、イロイロと調べて書いてまとまるのが好きな
性格を生かして、今年はブログでの情報発信を充実させて
いきたいな~とおもっています(^^)
 
冬美のブログを読んで“役に立ったよ~!”と言ってもらえる
ことがあるのがとても嬉しいです!
 
うお!
気がつけば長~い自己紹介になってしまいました!
 
ここまで読んでくださってどうもありがとうございます!
 
これからもよろしくお願いします(*^。^*)
 
冬美
PAGE TOP ↑
中性脂肪増殖