子供の虫除け対策!ディートに注意!

公開日: 

022472

夏は虫刺されの季節。
子供の虫除け対策はどうしていますか?

 

←蚊が憎い~!!!

 

スポンサードリンク

ほとんどの虫除け製品に含まれるディート

市販されている虫除け剤には、スプレータイプ・ティッシュタイプ・ローションタイプなどいろいろありますが、これらのほとんどに含まれているのが虫除け効果のあるディートという成分。

実はこのディート。人体に有害なのではないかと言われているんです。
特に成長期の子供には、神経障害を起こす可能性が心配されています。

ディートは、第二次世界大戦後に、蚊が媒介するマラリアから兵士を守る目的でアメリカ軍によって開発された薬品です。
1991年の湾岸戦争でも使用され、帰還した兵士たちに倦怠感・関節痛・皮膚の痛み・記憶障害などの症状が出た「湾岸戦争症候群」と関係しているのではないかと疑われています。

関連記事↓
「湾岸戦争症候群は実在する」、米議会諮問委員会(2008年11月19日)

湾岸戦争症候群についてはきちんと解明されていない部分も多く、ディートが原因物質のひとつとは言い切れないですが、発達段階にある子供は大人よりも影響が出やすいので心配ですよね・・・。

ディートを使っていない虫除け

我が家でも虫除けティッシュを使っていたんですが、やはりディートが入っているのが気になっていました。
スプレーではないので大量に吸い込むようなことはないですが、やはり揮発していくなかで少しずつ吸い込んでいるかもしれませんし・・・。

そんなわけで何かよいものはないかなぁ?と思っていたところ、
国産のハッカ油を水5:ハッカ油1の割合で希釈してシュッとすると虫除けになるということを知って早速購入☆

コレです↓
CIMG3545

レビューを読むと、プラスチック製ではハッカ油を入れると溶けてきてしまうということだったので100円ショップでガラス製のアトマイザーを購入。

希釈には精製水がいいんだろうなぁ~と思いつつ、開封して3日くらいで精製水とは呼べなくなるくらいには雑菌が繁殖するようなので、それなら水道水でいっか~と思って水道水で希釈してます^_^;

ちなみにハッカ油に含まれるL-メントールという成分に殺菌作用があるせいなのか、1週間くらい経ってから使ってみても腐ってるようなかんじはしませんでした(笑)

スポンサードリンク

ハッカ油を使った虫除けの感想

正直なところ「本当に効果があるのかな~?」と思っていたんですが、本当に効果がありました!!!

アトマイザーに入れた状態↓
CIMG3868

脚にだけハッカ油を希釈したものをシュシュとして、腕は何もしなかったところ、脚は大丈夫だったのに腕だけ数箇所刺されてしまいました^_^; これをつけたところはスーッとして清涼感があるのもよいところ♪

ただ持続時間はそんなにないように思います。清涼感ほしさもあって、1時間くらいしたらまたシュッシュッしていました。

あと、蚊に刺されたところにハッカ油入りの水をつけたら痒みがひくのが普段より早くかんじました。私は蚊に指されると1週間くらい痒みが残ることが多いんですが、刺されたあとにハッカ油を塗ったところは翌日には痒みがなくなっていました。

価格も、20ml入りで840円(送料込)なので、5倍に薄めて100mlと考えると、決して高くないですよね☆
他にもいくつかハーブ系の虫除けを探したんですが、割高なうえにエタノールが入っているので予防接種の消毒綿でかぶれちゃう私としてはハッカ油+水のほうが安心なのも良いところです♪

ディートが入っていない虫除けをお探しでしたら、いちど試してみてはいかがでしょうか?

私が購入したハッカ油↓


北海道北見産 天然ハッカ油(丸ビン)20ml スポイト付き

関連記事はこちらです↓↓↓

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

PAGE TOP ↑
中性脂肪増殖