大宮氷川神社で5歳の七五三をした時の流れ

公開日: 

a0002_000913大宮氷川神社で5歳の七五三をした時の
駐車場到着~申込み~ご祈祷を受けるまでにわけてまとめました☆

 

スポンサードリンク

大宮氷川神社へ到着

すがや写真館の予約が12時30分だったので、
12時ちょっと過ぎに大宮氷川神社へ着くように家を出ました。
平日だから道が混んでいるかも?と思いましたが、目立った渋滞もなく到着。

でも驚きました!
11月の友引とはいえ平日なのだから、そんなに混んでいないだろうと予想。

でも駐車場は白鳥池近くも参道の通りを挟んで向かい側の場所も満車!
参道脇のじゃりスペースに案内してもらえましたが、
ここもあと数台停まれるくらいでした。
(それも午前中に参拝を終えて帰る車が結構あったので停まれたというかんじ)

参道脇のじゃりスペースに停まっている参拝者の車たち
↓↓↓
753_tyuusyajyou

事前に大宮氷川神社へ尋ねた際に、
七五三の時期は朝早くても1時間以上並ばないと駐車場へ入れないことが多いと聞いていました。
これは大げさでなくそうだろーなーと思います(-_-;)

また近隣道路は隣接している大宮競輪の自場開催があると激しく混むものです。
予定が許すなら、その日は避けたほうが無難かもしれません。

すがや写真館での撮影

別ページにまとめました。
↓↓↓
すがや写真館で5歳・七五三の写真撮影

お宮参りの申込み

写真撮影が終わっていざ参拝へ。
申込みは境内をはいって右側にある建物で行うのはお宮参りなどと一緒。

外に記帳台があり申込書が置いてあるので、
ここで必要事項を記入して受付持って行きます。

これが申込書です。
↓↓↓
753_mousikomi010

初穂料は、七五三シーズンは5千円のみしか選べません。
ですので頂けるお札のサイズも5千円サイズのみになります。

初穂料を出す時はお宮参りの時と同様に、
お札だけ新券にして祝儀袋にいれて出すことはしませんでした。

七五三の時は特に混雑するので、
祝儀袋に入れないほうがスムースに手続きできてよいかもしれないです。

受付時には下記の領収証兼引換証をもらいます。
お札と記念品をもらうためのものなのでなくさないように気をつけましょう。

スポンサードリンク

このNo6416って、このシーズンの6416人目ってことなんでしょうか?!
↓↓↓
753_hikikaesyou

御祈祷を受ける

受付が済んだら、本殿に向かって左側にある七五三用の待合テントで待機します。
順番になると、名前を呼ばれますので、神殿に入って座ります。

七五三用の待合テント(画像の左端)
   ↓↓↓
753_keidai

椅子とストーブが置いてあったけど、寒い日だったらかなり体が冷えそう・・・。

今回は平日とはいえ11月の友引ということもあって混雑していたため、
前の席で座って御祈祷をうけられるのは本人と家族一人のみということでした。

我が家の場合はエビカツ本人とママである冬美が前に座りました。
ただ午後で少しは空いてきていた?ということもあって
後ろの席にパパと祖父母も全員座ることができました。

エビカツのお宮参りの時は平日で空いていたため、
御祈祷で名前を読んでもらう際はドコのダレソレの子○○というふうに
住んでいる場所まで読み上げてくれていました。

でも今回は七五三シーズンで混んでいたため
その部分は省略でオットとエビカツの名前だけ。
しょうがないのだけれどチョット残念^_^;

御祈祷の時間はお宮参りの時と同じく、
待合所で名前を呼ばれてから御祈祷を受けて神殿を出るまで、30分まではなかったと思います。

御祈祷が終わったら神殿を出てすぐのテント内で、
受付時にもらった引換証を出すとお札とお土産?一式をもらえます。

お札のほか、千歳飴・絵本・おりがみ・お守りが入っていました
↓↓↓
753_omiyage

関連記事はこちらです↓↓↓

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

PAGE TOP ↑
中性脂肪増殖