インフルエンザを予防するには食事をどんなふうに気をつければいいの?

公開日: 

インフルエンザ予防のためには、基本的な免疫力向上が効果的です。そして免疫力向上のためには、十分な睡眠や栄養いっぱいの食事が大切。

では実際にどんなものを食べれば良いのでしょうか?

スポンサードリンク

インフルエンザを予防してくれる食事はこういう食材で!

インフルエンザ予防のための食事ではタンパク質や乳酸菌が含まれているもの、オクラや山芋などのネバネバした食品を取り入れることです。

タンパク質には、免疫の働きを維持し、免疫力を高めるための役割があります。タンパク質が不足していると免疫細胞が減少し、攻撃力も低下します。

その結果、粘膜ガードが弱まり外敵が侵入しやすくなります。乳酸菌が含まれているヨーグルトなどは、腸内環境を整えることにつながります。

腸内には、身体を防御する機能が備わっており、風邪やインフルエンザなどから身体を守るためには、この免疫細胞を活性化させることが重要です。

ネバネバした食品は、ムチンと呼ばれる成分が含まれています。

ムチンは、気管や消化管、目などの粘膜表面を守ってくれるため、結果として免疫力を強くします。繊維物が多い食品は整腸作用もあるため、腸内環境を整えるためにも役立ちます。

また、納豆は、手軽に購入しやすく植物性タンパク質が豊富に含まれています。納豆菌には、強い抗菌作用もあるため、食事に取り入れることで予防につながります。

基本としては、1日3食のバランスの良い食事です。偏らずにいろいろなものを食べることが大切です。

インフルエンザウイルスに感染しても発病させないための食事とは?

インフルエンザウイルスに感染しても、免疫力が高くて増殖しなければ発病を防ぐことができます。

そのためにはまず体を冷やさないこと。体を冷やすと免疫力が落ちてしまうから。

体を冷やさないためには、食事に暖かいスープや味噌汁、鍋物などを取り入れるのがオススメ。スープには具材の栄養分が溶け出しているので、体があたたまるだけでなくしっかりと栄養がとれるんです。

スポンサードリンク

さらに腸内環境を整えることも大事。

というのも腸内には免疫力の7割が集中しているとされているので、腸内の細菌バランスが狂うとこの免疫力が落ちてしまうのです。

そのため乳酸菌の摂取も積極的にしたいことの一つ。

ただ乳酸菌を食事からすべて摂ろうとするとなかなか大変!というわけで、私は乳酸菌のサプリメントを飲んでいます。そのおかげか風邪もひかず、便秘気味だったお通じも解消されて快適な日々を送っています。

私の愛用しているのは乳酸菌革命というサプリメント。

>>乳酸菌革命の公式サイトへ行ってみる

いろいろな乳酸菌が配合されていていて、小さめカプセルなので飲みやすいのもポイントです。

ヨーグルトだとカロリーの摂り過ぎが気になっていたのですが、その心配もなくなり、効果はこちらのサプリメントのほうが実感できているので気に入っています。

あなたもインフルエンザの予防対策の一つとして、乳酸菌サプリメントを飲んでみてはいかがでしょうか?
 

ダイエット中などは、身体に必要な栄養が不足し、免疫力低下をまねくこともあるため、栄養バランスには十分に注意が必要です。

関連記事はこちらです↓↓↓

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

PAGE TOP ↑
中性脂肪増殖