インフルエンザの予防接種の副作用で風邪を引いてしまうことはあるの?

公開日: 

インフルエンザの予防接種をした後に風邪のような症状が出たけど、これってもしかして副作用?!

どういうふうに対処すればいいの?風邪薬は飲んでいいの?という疑問をリサーチしました!

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種をした後に風邪をひいたのは副反応?

インフルエンザワクチン接種後に発熱してしまうのは、よくある副反応です。

でも副反応で風邪を引いてしまうということはありません。

副反応の発熱は熱だけで、その他の風邪症状はありません。

鼻水や咳、咽頭痛などがある場合は副作用ではなく風邪と考えられます。

「でもインフルエンザの予防接種をする前はなんともなかったのに?!」と思うかもしれませんが、それはまだ風邪の潜伏期間で症状が出ていなくて、予防接種後に発症したということです。

じゃあインフルエンザワクチンの副反応でインフルエンザになってしまうことはないの?

はい。ありません。
インフルエンザワクチンは不活化ワクチンといって、細菌やウィルスを殺して毒性をなくしてものなので、インフルエンザの予防接種をしたからインフルエンザに感染するということはないんです。

ただ予防接種をしてから免疫がつくまでに2週間ほどかかるので、その間にインフルエンザウィルスに感染する機会があれば発症してしまうことはありえます。

スポンサードリンク

インフルエンザは普通の風邪と違って、感染してから発症するまで1日くらいしかない場合もあります。

ですので、予防接種してからすぐに感染→発症となれば、まるで予防接種を受けたからインフルエンザに罹ってしまったの?と思ってしまうのも無理はありません。

またインフルエンザワクチンの発症予防効果はそれほど高くないので、たとえワクチン接種で抗体ができていたとしても罹ってしまう場合もあります。

ただしインフルエンザワクチンの接種をしていると、いざ罹った時に重症化を防ぐ効果があるので、多くの医師が接種を推奨しています。

 

関連記事はこちらです↓↓↓

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

PAGE TOP ↑
中性脂肪増殖