新入学児検診の時の“親の学習”講座

公開日: 

006507

先日、来年度から小学生になる娘の検診が
入学予定の学校でありました。

その検診中、親は体育館で“親の学習”なる講座を受けたのですが・・・。

スポンサードリンク

親の学習講座とは?

子供たちが検診を受けている最中、
体育館で待機している親に対して行われた講座です。
きっとどこの自治体でもこのようなかんじなのではないでしょうか?

講義を担当したの以前校長先生をなさっていた先生。

・子供の生活と健康
・子供を取り巻くゲーム、インターネットの環境
・子供が小学生になるにあたっての親の心構え

これらのことを、軽快な語り口で話してくださいました。

そりゃないよ~

講義の後半で、みのもんたさんの話が出ました。
みのさんは息子さんの不祥事の件で冠番組を降板したり、
記者会見を行ったりしていますよね。

そのみのさんについて
「いくら親でも子供はとっくに成人しているんだし、
あそこまでしなくていいじゃないか?と思う人は手を挙げてください。」
という質問が先生からされたんです。

ふだんだったら黙っているところなんですが、
講義をしてくださっているN先生は顔見知りということもあって
誰もリアクションしないのも何かなぁ?と思ったことと、

みのもんたさんが記者会見で謝るという行動にパフォーマンス的なことを感じ、
謝るなら被害者の人に対して直接なんじゃないの?
なんでわざわざテレビを通してまでするの?という疑問と嫌悪感があって
この時にわたしは手を挙げたんです。

スポンサードリンク

そうしたらN先生「うんうん。なるほど、これくらいの人がいるんだね~」みたく言ってから、
「親っていうのはね。いくつになっても責任があるものなんですよ。」と話しだしたんです。

えええ?!さっきの質問は「みのもんたが息子のことであそこまでする必要があるのか?」
という言い方だったはずなのに、なんか別の話になちゃってるよ~!と驚き(^_^;)

これじゃまるで私が“子供が育ったら親の責任はなくなると思っている”親みたいじゃないですか!
そんなことは思っていないんだけどな~。
なんか半分ダマされた?感覚でイマイチ釈然とせず・・・。

その後、すっごい居心地わるかったです(^_^;)
たぶん周りのママさんはそんなに気にもしていないんだろうけど・・・。

近頃の夫の言動をみていて、親の責任って大きいなぁ・・・と感じているところだったので
なんか自分の思っていることとは正反対のほうに持って行かれてしまって
スッキリしない感が残ってしまいました。

全体的に「へぇ~」とか「ほぉ~」というようなタメになる・面白い話ばかりだったので、
この点だけがちょっと残念でした。

あ。でもN先生のことは好きですし、尊敬していますよ♪

関連記事はこちらです↓↓↓

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑
中性脂肪増殖